アイ動物病院へようこそ
   こちらは広島市安佐南区のアイ動物病院のHPです

アイ動物病院紹介
院内、検査の機器、手術に使う機器や理学療法機器などの紹介をしています
上のボタンから各ページに移動出来ます
どんな病院なのか気になる方はどうぞ、ごゆっくり見ていってくださいね

検査機器

アイ動物病院で使われているおもな検査機器の紹介です

超音波エコー診断機

院長の第二の眼といっても過言ではない超音波エコー診断機です。
当院での超音波エコーの利用開始は早く、開院してまもなくくらいから頻繁に診察で使ってきています。外側からでは分からない臓器の異常や腫瘍などの発見に役立ち、また何より動物に負担無く利用できるところが利点です。検査料金も安く済むので、毎日大活躍してくれています。


モニター式顕微鏡

モニター式顕微鏡は通常の顕微鏡と性能的にはほとんど同じですが、モニターに映像が出るので、飼い主さんに説明したり、何人かの獣医師でディスカッションするときに便利です。血液の検査や、腫瘍細胞の検査、組織や細菌の検査など、いろいろな場面で使われます。


血液生化学検査機

さまざまな血液検査を行う測定器械ですが、主に肝臓や腎臓、膵臓、甲状腺などの見た目では分かりにくい臓器の機能異常を調べるのに使います。検査に必要な血液がとても少なくてすむタイプの検査機器を使っています。


CRシステム

簡単にいえば、レントゲンになります。CR(Computed Radiography)は通常のフィルムで撮るレントゲンと異なり、画像をコンピュータで読み取ることで、より細かい部分の読影や、気になる部分の拡大、計測、感度の変更などが容易になり、フィルムでの読影よりも大幅に精度が上がるのが特徴です。写真に写っているシステムの他にもレントゲン装置や、画像を出力するための大きなディスプレイなどがあります。


その他

その他にも、聴診器や、耳鏡、眼底検査の器械、眼圧を測る器械、紫外線物質鑑定器、遠心分離器、血球計算板などなどいろいろな検査器械を使いながら診察にあたっています。単純に見える聴診器ですが、意外にもいろいろな種類が有り、値段もいろいろですが、ターゲットとする場所や動物の種類によって使い分ける必要があります。








May
 日   月   火   水   木   金   土 
  1 2 3 4 5 6
  × ×
7 8 9 10 11 12 13
×
14 15 16 17 18 19 20
×
21 22 23 24 25 26 27
 × 
28 29 30 31      
×      
             
             

× 休診日

△ 午後休診

▲ 午前休診

ここより下のボタンは外部リンクになります
接続は安全ですが、外部のサイトになります

LinkIcon広島夜間救急動物病院
夜間救急のご相談はこちらへ
院長も当番医として参加しております

ENTER

アイ動物病院のいんちょこと、院長が
のんびりとほぼ毎日アメブロ更新中です

だいじょうぶ?マイペットは、信頼できる獣医師・専門家から無料でアドバイスが貰えるサイトです。あなたのペットに関する素朴な疑問・質問や不安をご相談ください。当院院長も回答しています